メニューを開く 検索を開く ログイン

分子標的薬による心血管障害、予防と対策は?

減量や投与中止も視野に

 2018年08月03日 06:05
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

 慢性骨髄性白血病(CML)の予後は、BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬(ABL-TKI)の登場により大きく改善したが、長期投与による心血管障害などの有害事象が大きな問題となってきた。同薬による心血管障害の予防と対策について、佐賀大学血液・呼吸器・腫瘍内科教授の木村晋也氏が第16回日本臨床腫瘍学会(7月19~21日、神戸市)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  分子標的薬による心血管障害、予防と対策は?