メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  重度肝硬変の新薬の開発が進展

重度肝硬変の新薬の開発が進展

2018年11月01日 06:00

4名の医師が参考になったと回答 

 3年生存率が30%程度といわれる予後不良な重度肝硬変(非代償性肝硬変)。現時点で有効な治療法はなく、重症化すると根本的な治療法は肝臓移植に限られる。武蔵野赤十字病院(東京都)消化器科部長の黒崎雅之氏は、ギリアド・サイエンシズが10月4日に開催したメディアセミナーで講演し、C型慢性肝炎が進行した非代償性肝硬変の治療の実態を解説するとともに、今後実用化が期待される新規治療法への期待を語った。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  消化器 »  重度肝硬変の新薬の開発が進展