メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  ワーク・ライフ »  大腸外科の大家が実践するセカンドキャリア

大腸外科の大家が実践するセカンドキャリア

 2018年12月06日 06:10
プッシュ通知を受取る

52名の先生が役に立ったと考えています。

 医療技術の進歩に伴い、わが国では男女とも平均寿命が80歳を超え、100歳まで生きることが珍しくなくなった。65歳で定年したとして、80歳までは15年、100歳までは35年もある。さらに、少子高齢化が進む中で、定年を迎えた世代への社会貢献を望む声は強い。第80回日本臨床外科学会(11月22~24日)では、「人生100年時代における外科医のキャリアシフト」と題した、外科医の定年後のセカンドキャリアについて特別企画が組まれた。その中から、大腸外科医として世界屈指の執刀数を誇った、森谷冝皓氏のセカンドキャリアを紹介する(関連記事「定年後の準備ができなかった外科医の助言」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  ワーク・ライフ »  大腸外科の大家が実践するセカンドキャリア

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12517308 有効期限:12月末まで