メニューを開く 検索を開く ログイン

血小板減少性紫斑病に有効なナノボディ

 2019年01月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 英・University College London HospitalsのMarie Scully氏らは、抗von Willebrand因子ヒト化単一可変領域免疫グロブリン(ナノボディ)の1つであるcaplacizumabの後天性血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)に対する効果を第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験HERCULESで検討。その結果、caplacizumabはプラセボよりも迅速に後天性TTP患者の血小板数を正常値に回復させたとN Engl J Med2019年1月9日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ワクチン普及までに採るべきコロナ対策は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  血液 »  血小板減少性紫斑病に有効なナノボディ