メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  若年時の肥満が高齢期の心不全リスク高める

若年時の肥満が高齢期の心不全リスク高める

米・6,000例超の自己申告体重で検討

 2019年01月24日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 肥満は動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)、特に心不全の危険因子となることが分かっているが、肥満時の年齢とこれらのリスクとの関連性も明らかになった。米・Johns Hopkins UniversityのMichael Fliotsos氏らは、高齢肥満者を対象に、成人早期および中年期の自己申告体重が将来の心不全リスクに及ぼす影響を検討。成人早期から肥満状態であった高齢者では、中年期以降に肥満になった高齢者と比べ心不全リスクが著明に高いことをJ Am Heart Assoc2018年; 7: e009599)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

気になる新元号、使ってもらいたい一文字は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  糖尿病・内分泌 »  若年時の肥満が高齢期の心不全リスク高める

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P03518544 有効期限:3月末まで