メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ナッツで糖尿病のCVDリスクが低下

ナッツで糖尿病のCVDリスクが低下

糖尿病の診断後に摂取量を増やしても効果

 2019年03月06日 05:05
プッシュ通知を受取る

20名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 2型糖尿病患者では心血管疾患(CVD)の発症と死亡のリスクが上昇するが、ナッツを多く摂取するほど、これらのリスクが低下することが、米国の2型糖尿病患者1万6,000例超を対象とした前向きコホート研究により示された。リスクの低下は、糖尿病と診断された後にナッツの摂取量を増やした場合でも認められた。米・Harvard T. H. Chan School of Public HealthのGang Liu氏らが、Circ Res2019年2月19日版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  ナッツで糖尿病のCVDリスクが低下

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08519340 有効期限:8月末まで