メニューを開く 検索を開く ログイン

ディープキスで淋菌感染リスクが上昇

 2019年05月20日 06:00
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 舌を絡めるディープキスをするパートナー数が多い同性愛または両性愛の男性は、異性愛の男性よりも口腔咽頭淋菌感染リスクが高いことが、男性間性交渉者(men who have sex with men; MSM)を対象とした横断研究で示された。研究を実施したオーストラリア・Monash UniversityのEric Chow氏らは「ディープキスは見過ごされがちだが、重要な口腔咽頭における淋菌の感染経路となっている可能性がある」と指摘している。詳細はSex Transm Infect2019年5月9日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  感染症 »  ディープキスで淋菌感染リスクが上昇

error in template: found but mtif was expected