メニューを開く 検索を開く ログイン

肥満低換気症候群GLを発表

米国胸部学会

 2019年08月16日 05:05
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ©ATS

 米国胸部学会(ATS)は肥満低換気症候群(OHS)の評価・管理ガイドライン(GL)『Evaluation and Management of Obesity Hypoventilation Syndrome』を策定、Am J Respir Crit Care Med2019; 200: e6-e24)に発表した。持続陽圧呼吸(CPAP)療法の施行、25~30%の減量など5項目を推奨しているが、全て「条件付き推奨(エビデンスの質は極めて低い)」となっている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  呼吸器 »  肥満低換気症候群GLを発表

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12521098 有効期限:12月末まで