メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

補聴器が認知症やうつ、転倒リスクを抑制

 2019年10月16日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 難聴は認知症やうつ、フレイルなどのリスクを高めることが指摘されている。米・University of Michigan Medical SchoolのElham Mahmoudi氏らは、難聴と診断された66歳以上の高齢者を対象に行った後ろ向きコホート研究において、補聴器の使用がアルツハイマー病、認知症、不安、抑うつの発症、および転倒による外傷発生までの期間を遅らせると、J Am Geriatr Soc2019年9月4日オンライン版)に発表した。(関連記事「難聴が認知機能低下を加速」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  耳鼻咽喉 »  補聴器が認知症やうつ、転倒リスクを抑制

error in template: found but mtif was expected