メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

腸内細菌で抗PD-1抗体の効果が増強

ヒト腸内細菌叢から11菌株を同定・単離

 2019年10月30日 05:00
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 腸内細菌叢はヒトの免疫系や生理機能に強い影響を与えることが知られている。多様性の喪失、すなわち「dysbiosis」はがんを含むさまざまな疾患に関与するとされる一方、一部の菌種が免疫細胞に影響を及ぼすことが報告されている。第78回日本癌学会(9月26日〜28日)で慶應義塾大学微生物学・免疫学教室講師の田之上大氏は、感染防御や抗腫瘍免疫応答において重要な役割を担うインターフェロン(IFN)-γ産生()CD8陽性()T細胞を誘導する11菌株を単離し、皮下腫瘍モデルマウスに投与した実験結果を発表。この11菌株の投与が抗PD-1抗体の抗腫瘍効果を増強することを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  がん »  腸内細菌で抗PD-1抗体の効果が増強

error in template: found but mtif was expected