メニューを開く 検索 ログイン

新薬イバブラジンのより良い活用法は?

2019年11月15日 05:05

42名の医師が参考になったと回答 

 今年(2019年)9月に日本で製造販売承認を取得した、HCN(Hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated)チャネル遮断薬イバブラジンは、新規作用機序を有する慢性心不全治療薬として注目されている。岡山大学大学院循環器内科学教授の伊藤浩氏は、同薬の特徴やその有効性を検討した試験の結果を第23回日本心不全学会(10月4~6日)で解説。臨床的有効性を高めるための使用法について論じた(関連記事「新規作用機序の慢性心不全治療薬が承認」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新薬イバブラジンのより良い活用法は?