メニューを開く 検索を開く ログイン

新薬イバブラジンのより良い活用法は?

 2019年11月15日 05:05
プッシュ通知を受取る

39名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2019年)9月に日本で製造販売承認を取得した、HCN(Hyperpolarization-activated cyclic nucleotide-gated)チャネル遮断薬イバブラジンは、新規作用機序を有する慢性心不全治療薬として注目されている。岡山大学大学院循環器内科学教授の伊藤浩氏は、同薬の特徴やその有効性を検討した試験の結果を第23回日本心不全学会(10月4~6日)で解説。臨床的有効性を高めるための使用法について論じた(関連記事「新規作用機序の慢性心不全治療薬が承認」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »  循環器 »  新薬イバブラジンのより良い活用法は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12522319 有効期限:12月末まで