メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

電気で潤うコンタクトレンズを開発

 2019年12月02日 17:05
プッシュ通知を受取る

11名の先生が役に立ったと考えています。

 東北大学大学院工学研究科教授の西澤松彦氏らの研究グループは、新たに開発したハイドロゲル素材を用いたコンタクトレンズの研究で、通電によりレンズ内に水流を発生させて、乾燥速度を低下させることを実証。さらに生体親和性のバイオ電池を搭載し、外部からの給電を必要としない有機物のみで構成された自己保湿型の抗ドライアイレンズの実現にも成功した。詳細はAdvanced Materials Technologies(2019年11月28日オンライン版)に発表された。

24585_fig2.png

自己保湿型コンタクトレンズ(東北大学プレスリリースより)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2019年 »   »  電気で潤うコンタクトレンズを開発