メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性腎臓病の発症抑制に期待

巣状分節性糸球体硬化症の発症メカニズムを解明

 2020年06月09日 05:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 ネフローゼ症候群の原因疾患の1つである巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)は、難治性で患者の約4割が発症後15年程度で末期腎不全に至るとされる。しかし、これまで発症メカニズムは十分に解明されていなかった。筑波大学医学医療系教授の高橋智氏らの共同研究グループは、転写因子MafBが糸球体上皮細胞内において腎糸球体上皮細胞機能維持の役割を果たすことを解明し、FSGSの発症メカニズムを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  腎・泌尿器 »  慢性腎臓病の発症抑制に期待

error in template: found but mtif was expected