メニューを開く 検索 ログイン

世界の5人に1人にCOVID-19重症化リスク

2020年06月29日 17:55

8名の医師が参考になったと回答 

 英・London School of Hygiene and Tropical MedicineのAndrew Clark氏らは、世界疾病負担研究(GBD)2017および国連世界人口推計2020年版のデータを用いて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化危険因子となる基礎疾患(心血管疾患、慢性腎臓病、糖尿病、慢性呼吸器疾患など)の有病率を解析。世界全体ではこれらの基礎疾患を1つ以上有する人は17億人(22.4%)で、COVID-19重症化リスクを保有する割合は5人に1人に上るとの推計結果をLancet Glob Health2020年6月15日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  感染症 »  世界の5人に1人にCOVID-19重症化リスク

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD530670 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外