メニューを開く 検索を開く ログイン

世界初、自己免疫疾患の「抑制スイッチ」発見

九大・阪大の研究グループ

 2020年07月02日 05:15
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

 九州大学生体防御医学研究所免疫ゲノム生物学分野准教授の田中伸弥氏、同教授の馬場義裕氏、大阪大学免疫学フロンティア研究センター分化制御研究室特任准教授の伊勢渉氏、同特任教授の黒﨑知博氏らの研究グループは、エピゲノム制御因子の1つでDNAの脱メチル化反応を引き起こす水酸化酵素Ten-eleven translocation(Tet)が、B細胞の有する"自己の組織に対する攻撃性"を抑えることで自己免疫疾患発症を抑制することを世界で初めて明らかにした。詳細はNature Immunology2020年6月23日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  リウマチ・膠原病 »  世界初、自己免疫疾患の「抑制スイッチ」発見