メニューを開く 検索を開く ログイン

ASD児は就学前の消化器症状が3倍

 2020年08月20日 05:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 自閉症スペクトラム障害(ASD)児では消化器(GI)症状が頻繁に報告されているが、その有病率や機能障害への影響など不明な点が多い。米・University of CaliforniaのBibiana Restrepo氏らは、就学前のASD児および年齢を一致させた定型発達児を対象に、GI症状、発達、行動および適応機能などを評価した結果、GI症状は就学前の小児の問題行動と関連しており、特にASD児ではGI症状を発症する頻度が定型発達児の約3倍に上ることなどを、Autism Res2020年8月6日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  消化器 »  ASD児は就学前の消化器症状が3倍