メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

中外が新規がんコンパニオン診断薬を申請

TRK阻害薬ラロトレクチニブおよびFGFR阻害薬ペミガチニブ

2020年10月05日 13:33

2名の医師が参考になったと回答 

 中外製薬は10月2日、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)2融合遺伝子陽性の局所進行・転移性胆管がんに対するFGFR阻害薬ペミガチニブおよび神経栄養因子受容体(TRK)融合を有するがんに対するTRK阻害薬ラロトレクチニブに対するコンパニオン診断薬として遺伝子変異解析プログラム「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル(FoundationOne CDx)」の承認申請を行ったことを明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2020年 »  OTプレスリリース »  中外が新規がんコンパニオン診断薬を申請

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD532042 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外