メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

中外が新規がんコンパニオン診断薬を申請

TRK阻害薬ラロトレクチニブおよびFGFR阻害薬ペミガチニブ

 2020年10月05日 13:33
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 中外製薬は10月2日、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)2融合遺伝子陽性の局所進行・転移性胆管がんに対するFGFR阻害薬ペミガチニブおよび神経栄養因子受容体(TRK)融合を有するがんに対するTRK阻害薬ラロトレクチニブに対するコンパニオン診断薬として遺伝子変異解析プログラム「FoundationOne CDx がんゲノムプロファイル(FoundationOne CDx)」の承認申請を行ったことを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  中外が新規がんコンパニオン診断薬を申請

error in template: found but mtif was expected