メニューを開く 検索を開く ログイン
Oncology Tribune

ペムブロリズマブ+レンバチニブ、進行腎がんの一次療法で主要評価項目達成

 2020年11月17日 10:15
プッシュ通知を受取る

 MSDとエーザイは11月16日までに、進行性腎細胞がんの一次療法として、抗PD-1抗体ペムブロリズマブとマルチキナーゼ阻害薬レンバチニブの併用療法、およびレンバチニブとmTOR阻害薬エベロリムスの併用療法を標準治療薬のマルチキナーゼ阻害薬スニチニブと比較し、有効性を評価した第Ⅲ相試験KEYNOTE-581/CLEAR(307)の結果から、ペムブロリズマブ+レンバチニブ併用療法は、主要評価項目の無増悪生存期間(PFS)と副次評価項目の全生存期間(OS)および奏効率(ORR)において、統計学的に有意かつ臨床的に意義のある改善を示し、主要評価項目および重要な副次評価項目を達成したことを発表した。本試験の結果の詳細は今後の学会で発表予定であるという。

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2020年 »  プレスリリース »  ペムブロリズマブ+レンバチニブ、進行腎がんの一次療法で主要評価項目達成