メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

成人先天性心疾患の実態を調査

JROAD-DPCデータベースの解析結果

 2021年04月12日 16:55
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 100人に1人の割合で発見される先天性心疾患(CHD)には、心房中隔欠損、心室中隔欠損、ファロー四徴症、完全大血管転位症、房室中隔欠損症、修正大血管転位症、アイゼンメンジャー症候群などがある。筑波大学循環器内科准教授の石津智子氏は、循環器疾患診療実態調査(JROAD)-診断群分類包括評価(DPC)データベースを用いて成人CHD患者の入院の実態について解析。その結果を第85回日本循環器学会(3月26~28日、ウェブ併催)で発表し、「成人CHD入院患者では緊急入院が全体の4分の1超を占め、6年間で2.6倍超に急増している。緊急入院の原因となった疾患は心不全、不整脈、脳血管障害、出血、肺高血圧、肝・腎不全で、そのうち出血および肝・腎不全例は入院中の死亡率が高いことが分かった」と報告した。

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪の開会式(23日20:00~)は見たい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  学会レポート »  成人先天性心疾患の実態を調査