メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  アトピーの全身療法、新薬の使い分けは?

アトピーの全身療法、新薬の使い分けは?

2021年06月28日 18:02

15名の医師が参考になったと回答 

 近年、病態解明が進むアトピー性皮膚炎では薬剤の開発が進展し、全身療法の選択肢も増えている。獨協医科大学皮膚科学講座主任教授の井川健氏は第120回日本皮膚科学会(6月10~13日、ウェブ併催)で、従来の全身療法および、最近登場した抗インターロイキン(IL)-4/13受容体抗体や経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬のメリットと懸念点、使い分けのポイントを解説。「これまで難しかった長期寛解が目指せる時代となった」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  皮膚 »  アトピーの全身療法、新薬の使い分けは?