メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  添付文書改訂で進むかクロザピンの普及

添付文書改訂で進むかクロザピンの普及

アカデミア主導の取り組み

2021年10月13日 15:10

18名の医師が参考になったと回答 

 クロザピンは治療抵抗性統合失調症に効果が認められている唯一の治療薬だが、その添付文書が今年(2021年)6月に改訂されたことをご存じだろうか。アカデミアが主導した今回の改訂で大きな役割を果たした国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神疾患病態研究部部長の橋本亮太氏が、第117回日本精神神経学会(9月19~21日、ウェブ併催)でその経緯を振り返り、あらためてクロザピンの普及を訴えた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  添付文書改訂で進むかクロザピンの普及