メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  rTMS療法で禁煙継続率高まる

rTMS療法で禁煙継続率高まる

2021年10月19日 17:38

6名の医師が参考になったと回答 

 うつ病を中心とした精神疾患の治療に導入されている反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法。依存症治療への期待が高まる中、イスラエル・Ben-Gurion University of the NegevのAbraham Zangen氏らは、禁煙治療後に喫煙を再開した経験を持つ喫煙者を対象に、rTMSと偽刺激(シャム)の禁煙治療効果を検討する二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。rTMS療法群では禁煙継続率が有意に高かったとの結果を、World Psychiatry2021; 20: 397-404)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  rTMS療法で禁煙継続率高まる