メニューを開く 検索 ログイン

rTMS療法で禁煙継続率高まる

2021年10月19日 17:38

3名の医師が参考になったと回答 

 うつ病を中心とした精神疾患の治療に導入されている反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法。依存症治療への期待が高まる中、イスラエル・Ben-Gurion University of the NegevのAbraham Zangen氏らは、禁煙治療後に喫煙を再開した経験を持つ喫煙者を対象に、rTMSと偽刺激(シャム)の禁煙治療効果を検討する二重盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。rTMS療法群では禁煙継続率が有意に高かったとの結果を、World Psychiatry2021; 20: 397-404)に報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  精神疾患 »  rTMS療法で禁煙継続率高まる

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539448 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外