メニューを開く 検索 ログイン

下部尿路症状、一般内科外来での診断ポイント

2021年10月29日 18:00

13名の医師が参考になったと回答 

 日本では、60歳以上の約8割がなんらかの下部尿路症状(LUTS)を有していると推定される。しかし、LUTSを主訴とした受診率は2割に満たないとされ、専門医を受診する患者は極めて少ないと考えられる。そのため、かかりつけの一般内科医による診療が求められている。こうした背景を受け、星総合病院(福島県)泌尿器科部長の亀岡浩氏は第34回日本臨床内科医学会(9月19~20日、ウェブ開催)で、一般的な内科クリニックでも対応できるLUTSの診療ポイントについて男女別に解説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  腎・泌尿器 »  下部尿路症状、一般内科外来での診断ポイント

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD539588 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外