メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  尿酸低下薬2剤が痛風への安全性・有効性示す

尿酸低下薬2剤が痛風への安全性・有効性示す

アロプリノールとフェブキソスタットをT2Tで比較

2021年11月29日 05:00

12名の医師が参考になったと回答 

 尿酸低下薬アロプリノールとフェブキソスタットを用いた目標達成に向けた治療(Treat-to-Target;T2T)は、尿酸値を安全かつ効果的に低下させることが分かった。米・University of Nebraska Medical CenterのJames O'Dell氏らが、多施設二重盲検ランダム化比較試験(RCT)で2剤の痛風管理における安全性と有効性について検討した結果を米国リウマチ学会(ACR Convergence 2021 、11月1~10日、ウェブ開催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  糖尿病・内分泌 »  尿酸低下薬2剤が痛風への安全性・有効性示す