メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

MPRは肺がん領域でも重要指標となるのか?

2021年12月13日 18:33

3名の医師が参考になったと回答 

 がんに対する薬物治療の効果を病理学的に判定するMajor pathological response(MPR)は、術前補助療法後の残存腫瘍細胞が10%以下になることを指し、MPR達成が術後の良好な予後予測指標となりうる。比較的多くの患者で長期生存が見込める乳がんなどでは広く用いられているが、肺がん領域ではなじみが薄い。国立がん研究センター中央病院病理診断科長の谷田部恭氏は、肺がん領域における主要評価項目としてのMPRを設定する意義について、第62回日本肺癌学会(11月26~28日、ウェブ併催)で概説した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2021年 »  がん »  MPRは肺がん領域でも重要指標となるのか?

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで