メニューを開く 検索 ログイン

脳卒中後てんかん、薬剤の種類で死亡に差

全死亡はラモトリギン、心血管死はレベチラセタムで低い

2021年12月24日 17:03

10名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (© Adobe Stock ※画像はイメージです)

 スウェーデン・University of GothenburgのDavid Larsson氏らは、脳卒中後てんかん(PSE)患者2,577例を対象に、抗てんかん薬(ASM)の生存率を検討する後ろ向きコホート研究を実施した。その結果、ASMにより生存率には差が見られ、カルバマゼピン群と比べラモトリギン群は全死亡リスクが有意に低く、レベチラセタム群では心血管死亡リスクが有意に低かったとJAMA Neurol2021年12月13日オンライン版)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2021年 »  脳・神経 »  脳卒中後てんかん、薬剤の種類で死亡に差

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD542331 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外