メニューを開く 検索 ログイン
Oncology Tribune

超音波+AIで高悪性度がんを検出

次世代の前立腺検査

2022年01月21日 17:52

1名の医師が参考になったと回答 

 前立腺がんはわが国の高齢男性において頻度の高いがんの1つであり、診療では簡便かつ安全な超音波検査が広く用いられている。一方で、前立腺がんは病理学的な悪性度により進行の程度が大きく異なるため、早期かつ非侵襲的な悪性度の判別やスクリーニングが求められている。日本医科大学泌尿器科講師の赤塚純氏らは、人工知能(AI)を用いた超音波画像診断により、前立腺特異抗原(PSA)検査と比べて有意に高精度に高悪性度のがんを検出できたことをSci Rep2022; 12: 860)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  超音波+AIで高悪性度がんを検出

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD543477 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外