メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  超音波+AIで高悪性度がんを検出

Oncology Tribune

超音波+AIで高悪性度がんを検出

次世代の前立腺検査

2022年01月21日 17:52

7名の医師が参考になったと回答 

 前立腺がんはわが国の高齢男性において頻度の高いがんの1つであり、診療では簡便かつ安全な超音波検査が広く用いられている。一方で、前立腺がんは病理学的な悪性度により進行の程度が大きく異なるため、早期かつ非侵襲的な悪性度の判別やスクリーニングが求められている。日本医科大学泌尿器科講師の赤塚純氏らは、人工知能(AI)を用いた超音波画像診断により、前立腺特異抗原(PSA)検査と比べて有意に高精度に高悪性度のがんを検出できたことをSci Rep2022; 12: 860)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  超音波+AIで高悪性度がんを検出