メニューを開く 検索

高K血症に新規吸着薬が単剤で有効

低K血症は低頻度

2022年02月07日 04:55

11名の医師が参考になったと回答 

 慢性腎臓病(CKD)に合併する高カリウム(K)血症にはK吸着薬が用いられるが、有効性に関するデータは限られ、高ナトリウム(Na)血症や低カリウム血症などのリスク増加の可能性も指摘されている。米・Montefiore Medical CenterのKatherine E.Di Palo氏らは、新規K吸着薬であるpatiromerの臨床的有用性を検討するため、急性の高K血症患者を対象とした後ろ向きのコホート研究を実施。その結果、patiromerは単剤投与で血清カリウム値の迅速かつ有意な低下に加え、低カリウム血症の発生率も低頻度だったと、JAMA Netw Open2022年1月26日オンライン版)に発表した。



…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  腎・泌尿器 »  高K血症に新規吸着薬が単剤で有効