メニューを開く 検索 ログイン

慢性透析患者へのスタチン、心血管リスク減

多施設共同並行群間RCTで検討

2022年02月08日 17:45

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 日本人透析患者における死因のうち、脳心血管疾患は約4割を占めるといわれる。順天堂大学保健看護学部教授の濱田千江子氏は、日本人の慢性血液透析患者を対象に、スタチンの有効性を検討する多施設共同並行群間ランダム化比較試験(RCT)を実施。脂質データの改善が認められ、心血管イベントリスクの低減が期待できると第55回日本成人病(生活習慣病)学会(1月15~16日、ウェブ併催)で発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  糖尿病・内分泌 »  慢性透析患者へのスタチン、心血管リスク減