メニューを開く 検索 ログイン

移植片対宿主病にバリシチニブが有効

筋膜炎、強皮症などの症状に

2022年02月19日 05:00

2名の医師が参考になったと回答 

 東京医科歯科大学大学院小児地域成育医療学講師の清水正樹氏は、慢性移植片対宿主病(cGVHD)に対しJAK阻害薬バリシチニブ(適応外)を投与した症例について、第49回日本臨床免疫学会(2021年10月28〜30日、ウェブ併催)で報告した。筋膜炎、強皮症などの症状が改善し、これまで有効な治療法がなかったcGVHDに対し、バリシチニブが有用な治療選択肢になる可能性が示唆された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  運動器 »  移植片対宿主病にバリシチニブが有効