メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  dMMR大腸腺がんへの術前ニボイピが著効

dMMR大腸腺がんへの術前ニボイピが著効

医師主導非ランダム化多施設共同試験NICHE-2

2022年09月19日 05:00

1067名の医師が参考になったと回答 

 ミスマッチ修復機構欠損(dMMR)は大腸がんの10~15%に認められ、Ⅲ期の患者では標準化学療法を行っても再発率が20~40%と高く、有効な治療法の登場が待望されている。オランダ・Netherlands Cancer InstituteのMyriam Chalabi氏らは、非転移性で未治療のdMMR大腸腺がん患者を対象に、術前免疫療法としての抗PD-1抗体ニボルマブ+抗CTLA-4抗体イピリムマブの複合免疫療法の安全性と有効性を検証した医師主導非ランダム化多施設共同試験NICHE-2を実施。病理学的奏効(MPR)を95%が達成したことを欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2022、9月9~13日)で発表した(関連記事「欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2022)消化器注目3演題」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  学会レポート »  dMMR大腸腺がんへの術前ニボイピが著効