メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  プラチナ製剤不適なNSCLCへのアテゾでOS改善

プラチナ製剤不適なNSCLCへのアテゾでOS改善

第Ⅲ相試験IPSOS

2022年09月28日 05:00

944名の医師が参考になったと回答 

 非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療における免疫療法の有用性を検証した主要な臨床試験のほとんどは、全身状態が良好な患者(ECOG PS 0~1)を対象としている。しかし、実臨床ではECOG PS 2以上の症例や複数の合併症を有する高齢者など、主要な臨床試験の組み入れ基準を満たさない患者も少なくない。英・University College London Hospital NHS Foundation TrustのSiow M. Lee氏らは、プラチナ製剤レジメンが適さないNSCLC患者の一次治療として、抗PD-L1抗体アテゾリズマブの有効性と安全性を化学療法単剤と比較する第Ⅲ相国際共同多施設ランダム化比較試験IPSOSを実施。アテゾリズマブ投与により、全生存(OS)の有意な改善が示されたことを欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2022、9月9~13日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  プラチナ製剤不適なNSCLCへのアテゾでOS改善