メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  MIS-Cの診療指針、川崎病と対比し確立を 

MIS-Cの診療指針、川崎病と対比し確立を 

2022年10月11日 05:00

978名の医師が参考になったと回答 

 小児多系統炎症症候群(MIS-C)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)罹患2~6週間後に発症し、約40%が部分的/完全に川崎病の定義を満たす全身性炎症性疾患である。日本・アジアではMIS-Cが少なく川崎病は多いことから、MIS-C診療における特有の問題が存在する可能性がある。自治医科大学小児科講師の松原大輔氏らは、第42回日本川崎病学会(9月30日~10月1日)で自験例4例を提示して日本におけるMIS-C診療の問題点について考察。現状を踏まえ、川崎病との対比に重点を置いた日本独自の診断基準、治療方法の確立が必要だと述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  小児 »  MIS-Cの診療指針、川崎病と対比し確立を