メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  「医師が患者」の治療ではVIP症候群に要注意

「医師が患者」の治療ではVIP症候群に要注意

2022年10月25日 17:38

1682名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 自分が担当する患者が医師(医師患者)である場合、特別扱いをしてしまい標準治療から逸脱した医療を提供する恐れがある。この現象は、医師が同朋の医師をVIPと見なすときに発生するため、「VIP症候群」と言われている。米・Emory UniversityのAnna M. Avinger氏らは、医師患者を治療した経験のある医師を対象に、VIP症候群に対する認識とVIP症候群に寄与しうる態度または行動について評価する質的研究を実施。結果をJAMA Netw Open2022; 5: e2236914)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  臨床医学 »  「医師が患者」の治療ではVIP症候群に要注意