メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  脱毛症治療、アトピーの有無で使い分けを

脱毛症治療、アトピーの有無で使い分けを

2022年11月07日 16:05

811名の医師が参考になったと回答 

 第40回日本美容皮膚科学会(8月6~7日)で浜松医科大学皮膚科学病院教授の伊藤泰介氏は、円形脱毛症の原因としてアトピー性皮膚炎合併に伴う2型炎症反応の影響について報告。アトピー性皮膚炎合併例では抗インターロイキン(IL)-4/13受容体抗体デュピルマブによる治療が高い効果を示すことを報告し、アトピー性皮膚炎合併の有無による治療の使い分けを提案した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  皮膚 »  脱毛症治療、アトピーの有無で使い分けを