メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  パーキンソン病薬が抗がん薬の副作用を軽減

パーキンソン病薬が抗がん薬の副作用を軽減

イストラデフィリンの動物実験結果

2022年12月13日 17:40

636名の医師が参考になったと回答 

 シスプラチンは各種のがんの治療に用いられるプラチナ系抗がん薬だが、腎毒性および化学療法誘発性末梢神経障害(CIPN)の重篤な副作用が投与例の約3分の1に見られるため、抗腫瘍効果を維持しつつこれらの副作用を軽減することが臨床上の大きな課題となっている。フランス・University of LilleのEdmone Dewaeles氏らは、パーキンソン病治療薬のアデノシンA2A受容体拮抗薬イストラデフィリンがシスプラチンによる腎毒性および末梢神経障害性疼痛を軽減し、さらに同薬の抗腫瘍効果を増強することがマウスを用いた実験で示されたと J Clin Invest2022; 132: e152924)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  脳・神経 »  パーキンソン病薬が抗がん薬の副作用を軽減