メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  HER2陽性転移性乳がん、T-DXdでOS延長

Oncology Tribune

HER2陽性転移性乳がん、T-DXdでOS延長

DESTINY-Breast03試験の2回目の中間解析

2022年12月14日 16:26

536名の医師が参考になったと回答 

 既治療のHER2陽性転移性乳がんにおけるトラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)とトラスツズマブ エムタンシン(T-DM1)の有効性と安全性の比較を目的とする非盲検の第Ⅲ相ランダム化比較試験DESTINY-Breast03。米・University of California, Los AngelesのSara A. Hurvitz氏らは今回、同試験の2回目の中間解析を行い、T-DXd投与により無増悪生存(PFS)および全生存(OS)がいずれも有意に改善したことをLancet2022年12月7日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  がん »  HER2陽性転移性乳がん、T-DXdでOS延長