メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  好酸球性食道炎にデュピルマブが有効

好酸球性食道炎にデュピルマブが有効

米・第Ⅲ相ランダム化比較試験

2022年12月26日 16:38

591名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・University of North Carolina School of MedicineのEvan S. Dellon氏らは、12歳以上の好酸球性食道炎患者を対象にした第Ⅲ相ランダム化比較試験で抗インターロイキン(IL)-4/13受容体抗体デュピルマブの有効性と安全性を検討。その結果、プラセボ群と比べてデュピルマブ300mgを週1回皮下投与した群で投与24週時点の組織学的寛解(高倍率1視野での好酸球数6個以下)達成率および嚥下障害症状が有意に改善したとN Engl J Med2022; 387: 2317-2330)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2022年 »  消化器 »  好酸球性食道炎にデュピルマブが有効