メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  問診と触診で小児肝胆道感染症の見逃し防止!

問診と触診で小児肝胆道感染症の見逃し防止!

2023年01月04日 16:53

593名の医師が参考になったと回答 

 肝臓は最大の実質臓器であり、小児の場合は体重の約5%を占める。また、肝臓内に存在するクッパー細胞やピット細胞は強い免疫能を有し、感染症を考える上でも重要な臓器だ。済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科専門部長の乾あやの氏は、小児の肝臓・胆道感染症における問診と理学的所見のポイントを提示、自験例を踏まえた診断手順を第54回日本小児感染症学会(2022年11月5~6日)で解説。「肝炎の原因として考えられるのは、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎のウイルスが一般的だが、ヘルペス属ウイルスも常に念頭に置くべき。腹痛があれば胆道感染症、皮膚瘙痒があれば胆汁うっ滞を考える。さまざまな観点から肝臓疾患を捉えて欲しい」と呼びかけた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  問診と触診で小児肝胆道感染症の見逃し防止!