メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  「薬剤リンパ球刺激試験」陽性の関連因子

第122回日本皮膚科学会

「薬剤リンパ球刺激試験」陽性の関連因子

横浜市立大皮膚科・薬疹患者の検討

2023年07月05日 05:00

206名の医師が参考になったと回答 

 横浜市立大学皮膚科の川村飛翔氏らは、同科で原因薬剤を特定した薬疹患者を対象に薬剤リンパ球刺激試験(DLST)の陽性と関連する因子を後ろ向きに探索。重症度の高い臨床型や肝機能・腎機能障害がある薬疹患者では、DLST陽性率が高まる傾向があると、第122回日本皮膚科学会(6月1~4日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  「薬剤リンパ球刺激試験」陽性の関連因子