メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  全身型重症筋無力症の新薬ロザノリキシズマブを発売

全身型重症筋無力症の新薬ロザノリキシズマブを発売

ユーシービージャパン

2023年11月29日 13:15

43名の医師が参考になったと回答 

 ユーシービージャパンは11月28日、抗胎児性Fc受容体(FcRn)抗体ロザノリキシズマブ(商品名リスティーゴ皮下注280mg)の販売を開始したと発表した。同薬は全身型重症筋無力症(ステロイド薬またはステロイド薬以外の免疫抑制薬が十分に奏効しない場合に限る)を効能・効果として11月22日に薬価収載されていた(関連記事:「重症筋無力症への分子標的薬、使い分けは?」)。

 ロザノリキシズマブはFcRnに結合し、血中の免疫グロブリンG(IgG)濃度を減少させるヒト化IgG4モノクローナル抗体。全身型重症筋無力症の最も一般的なサブタイプである抗アセチルコリン受容体(AChR)抗体陽性および抗筋特異的受容体型チロシンキナーゼ(MuSK)抗体陽性への有効性が認められている。

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  全身型重症筋無力症の新薬ロザノリキシズマブを発売