メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  好酸球比率で免疫CP阻害薬の有害事象を予測

好酸球比率で免疫CP阻害薬の有害事象を予測

2023年12月04日 13:25

142名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 免疫チェックポイント阻害薬(ICI)は免疫システムを活性化させ、免疫耐性に不均衡を生じることから、腎細胞がん患者の約90%では免疫関連の有害事象(irAE)を来し、そのうち46%でグレード3以上とされている。そこで、早期にirAEの発現を予測し低グレードにとどめるためにバイオマーカーの同定が重要となるが、これまでirAEのタイプを超えた横断的バイオマーカーに関する報告はなかった。名古屋市立大学大学院臨床薬剤学の田崎慶彦氏らは、異なるICIによる治療を受けた多種のがん患者で、好酸球比率の予測因子としての有用性を後ろ向きに検討。好酸球比率3.0%以上がirAEの予測因子になりうるとCancer Med(2023年11月21日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  好酸球比率で免疫CP阻害薬の有害事象を予測