メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  小児 »  生後7日で重症も!乳児消化管アレルギー

生後7日で重症も!乳児消化管アレルギー

全国疫学調査

2023年12月05日 15:12

171名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 近年、新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症(非IgE依存性消化管食物アレルギー、以下、非IgE-GIFA)が増加している。嘔吐、下痢、血便などの消化管症状を呈し、成長・発達障害のリスク上昇に関連するが、病因や機序は明らかでない。国立成育医療研究センター研究所好酸球性消化管疾患研究室の鈴木啓子氏、室長の野村伊知郎氏らは、非IgE-GIFAの臨床的特徴を明らかにする目的で全国疫学調査を実施。最も重症度が高いクラスター1では、発症の中央値が生後7日以内と極めて早期に発症するなどの結果をAllergol Int2023年10月30日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  小児 »  生後7日で重症も!乳児消化管アレルギー