メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  血液 »  ANCA関連血管炎の腎予後予測スコアを開発

ANCA関連血管炎の腎予後予測スコアを開発

国内初の試み

2024年02月02日 05:00

203名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎患者では急速進行性糸球体腎炎の合併頻度が高く、早期の腎保護が極めて重要になる。山梨大学リウマチ膠原病内科学教室の武田伶氏、准教授の中込大樹氏らは、ANCA関連血管炎診断時の腎病理所見に基づき腎予後を予測するスコアを開発したとKidney Int Rep2024年1月8日オンライン版)に発表した。欧米では腎病理所見から将来的な末期腎不全リスクを予測する手段が検討されているが、日本人集団では初の試みという(関連記事「診療科の横連携でANCA関連血管炎発見へ」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  血液 »  ANCA関連血管炎の腎予後予測スコアを開発