メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  ケモ+抗TIGIT抗体+アテゾで食道がん予後改善

ケモ+抗TIGIT抗体+アテゾで食道がん予後改善

第Ⅲ相ランダム化比較試験SKYSCRAPER-08

2024年02月16日 17:24

182名の医師が参考になったと回答 

 食道扁平上皮がん(ESCC)の一次治療として化学療法への抗TIGIT抗体tiragolumab+抗PD-L1抗体アテゾリズマブ上乗せの有効性および安全性を検討した第Ⅲ相ランダム化二重盲検プラセボ対照比較試験SKYSCRAPER-08。台湾・National Taiwan University HospitalのChin-Hung Hsu氏らは、同試験の結果を米国臨床腫瘍学会消化器がんシンポジウム(ASCO-GI 2024、1月18~20日)で発表。全生存(OS)および独立評価委員会(IRF)評価による無増悪生存(PFS)において良好な結果が示されたことを報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  ケモ+抗TIGIT抗体+アテゾで食道がん予後改善