メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  健康・公衆衛生 »  「夜更かし習慣」を定量評価する尺度を作成

「夜更かし習慣」を定量評価する尺度を作成

Bedtime Procrastination Scaleの日本語版

2024年02月28日 05:00

198名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 睡眠不足は心身の健康に悪影響を及ぼす。先行研究では、就寝時刻の先延ばし(夜更かし習慣)が睡眠時間の減少と強く関連することが示されている。しかし、臨床において患者の夜更かし傾向を定量的に評価することは容易でない。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所睡眠・覚醒障害研究部の羽澄恵氏らは、就寝時刻先延ばし傾向の評価尺度であるBedtime Procrastination Scale(BPS)日本語版を開発。精度を検証した結果、「われわれが作成した日本語版BPSは、十分な妥当性と信頼性を持つことが確認された」とBMC Psychol2024; 12: 56)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  健康・公衆衛生 »  「夜更かし習慣」を定量評価する尺度を作成