メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  AI画像用いた訓練で網膜疾患の診断精度改善

AI画像用いた訓練で網膜疾患の診断精度改善

眼底疾患診断トレーニング

2024年03月27日 17:55

133名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 人工知能(AI)利用による医療の効率化が期待される中、AI診断の欠点を補完する人材の養成ニーズが高まっている。従来の技術ではAI画像の生成に膨大な時間を要することから、大量の画像を使用した教育手法は現実的でなかった。しかし近年、画像生成が効率化された画像生成系AIが登場し、画像読影者養成の効果検証が可能となった。広島大学大学院医療のためのテクノロジーとデザインシンキング寄附講座教授の田淵仁志氏らの研究グループは、AIによる合成画像を用いた網膜疾患診断トレーニング法を開発。トレーニングを受けた学生が、最新のAIモデルと同等以上の診断精度を示したなどとする結果をBr J Ophthalmol2024年3月14日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  AI画像用いた訓練で網膜疾患の診断精度改善