メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  発作性AFでは有症候性よりも無症候性の方が持続性AFに移行しやすい

Circulation Journal Circulation Journal

2014. No.5の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 発作性心房細動(AF)が持続性AFに移行する状況を明らかにすることは重要です。本研究は,無症候性の発作性AF患者が,有症候性の発作性AF患者よりむしろ持続性AFに移行しやすいことを明らかにした点で臨床的に重要です。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

発作性AFでは有症候性よりも無症候性の方が持続性AFに移行しやすい

 2014年05月22日 17:35
プッシュ通知を受取る

 発作性心房細動(AF)から持続性AFへの移行,すなわちAFの慢性化には,高齢,器質的心疾患が関与するとされ,その背景に心房の構造的リモデリングの影響が示唆されている。また一般的に,AFの症状の出現頻度が単純にAFのエピソードとなり,慢性化につながると考えられている。ところが,発作性AF患者の観察研究であるベルグラード研究で,有症候性AFよりもむしろ無症候性AFの方が慢性化しやすいことが明らかにされ,追試結果が注目されていた。心臓血管研究所病院(東京都)循環器内科の妹尾恵太郎氏らは,同院の新患登録コホートである心研データベースから,日本人の発作性AF患者連続1,176例のAF慢性化について追跡調査。その結果,無症候性AFは低リスクにもかかわらず,有症候性AFよりも慢性化しやすいことが分かりCirc J(2014;78:1121-1126)に報告。この逆説的な結果は,無症候性AFへの積極的でない治療介入が招いたものと指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  発作性AFでは有症候性よりも無症候性の方が持続性AFに移行しやすい

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12037524 有効期限:12月末まで