メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  FFRを指標とした冠動脈有意狭窄を良好に検出

Circulation Journal Circulation Journal

2014. No.11の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 心臓核医学検査は心筋血流の機能的評価に重要です。本研究は,新しいCZT超短時間型カメラシステムが201Tl心筋シンチ検査において有用であることをFFRを基準にして証明した点で重要です。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

FFRを指標とした冠動脈有意狭窄を良好に検出

CZT半導体ガンマカメラの診断能

 2014年11月27日 16:58

 テルル化亜鉛カドミウム(cadmium-zinc-telluride;CZT)半導体検出器を搭載した心臓専用SPECT装置が,2010年にわが国でも新たに使用可能となった。この次世代の半導体検出器は優れた画質を提供するが,冠動脈造影(CAG)と冠血流予備量比(FFR)を指標とした冠動脈有意狭窄をどこまで検出できるのかは十分検討されていない。東京医科大学循環器内科の田中宏和氏(現・東京医科大学茨城医療センター循環器内科准教授)らは,安定冠動脈疾患(CAD)患者95例の後方視的検討の結果から,タリウム-201(201Tl)製剤を用いたCZTSPECT装置(DiscoveryNM530c)は,従来型装置に比べて撮像時間が短く,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の適応となる機能的な有意狭窄病変の診断に有用であるとCirc J(2014;78:2727-2734)に報告。同装置の問題点として,下壁の集積低下がより増強されるが,仰臥位と伏臥位の画像を比較することで減弱アーチファクトを判別し,診断精度を向上させることができるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  FFRを指標とした冠動脈有意狭窄を良好に検出

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10037409 有効期限:10月末まで