メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  LVAD植え込み後の大動脈弁閉鎖不全症合併―術前心不全期間,自己大動脈弁開放に関連

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.1の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 補助人工心臓の主流は植え込み型LVADですが,術後の大動脈弁(AV)閉鎖不全が問題になっています。本研究では,自験例においてその予防因子を検討し,術前の心不全期間が短いことや自己AVの開口があることを明らかにした点で重要です。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

LVAD植え込み後の大動脈弁閉鎖不全症合併―術前心不全期間,自己大動脈弁開放に関連

 2015年01月29日 15:34
プッシュ通知を受取る

 植え込み型左室補助人工心臓(LVAD)は,国内では心移植へのブリッジを前提としているが,欧米では,高齢者やがん患者などの移植適応外の重症心不全患者の長期在宅治療として急速に普及しつつある。しかし,LVAD植え込み後1年で20~50%が大動脈弁閉鎖不全症(AorticInsufficiency;AI)を合併し予後不良となることが問題となっている。東京大学大学院重症心不全治療開発講座の今村輝彦氏らは,同大学病院で連続流LVAD植え込み手術を施行した52例の後方視的検討の結果から,自己大動脈弁の持続的な閉鎖がAIと関連しており,術前心不全期間のより短い患者ではLVAD補助による左室収縮機能の回復に伴い自己弁の開放が得られやすいことを(Circ J 2015;79:104-111)に報告。また,LVAD補助中に自己大動脈弁の閉鎖が持続する患者では脈圧を生じにくい軸流ポンプがAIに関連することを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  LVAD植え込み後の大動脈弁閉鎖不全症合併―術前心不全期間,自己大動脈弁開放に関連

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12037405 有効期限:12月末まで